一般社団法人ネクストステップ研究会

地域ESD活動推進拠点

【空き家増加課題】空き家になったら、どうするの?相互連携強化事業 報告


市民協働の担い手育成・連携強化等に関する協働事業
【空き家増加課題】空き家になったら、どうするの?相互連携強化事業 報告

はじめに

 平成30(2018)年度に実施した市民協働事業【空き家が増え続けると どうなるの?】の取り組みから生まれた人のつながり(関係性)と参加者とで導き出した成果を生かして本事業を計画・実施しました。
 空き家対策の土台となる「発生抑制・適正管理・利活用」の向こう側には、安全安心・町ごとの魅力の継続や創造・地域住民の活力づくりがあります。空き家対策に取り組むことは、まちづくり(地域づくり)そのものであることに気がつくと思います。空き家対策は早期対応が肝心で、先延ばしにしているうちに将来の可能性が狭まってしまいます。
 本年度は、地域ごとに違う課題、特性ごとに違う対策を様々な主体と市民とが共に考える機会が必要だと考え企画しました。今回の取り組みが、今後実際に市内各地の具体的な動きにつながることを期待しています。

 (0)市民協働安全課との事前協議
日 程:令和元年9月2日(月)他、複数回実施
概 要:市民協働安全課との事前打合せ
    行政)市民協働安全課 ネクスト)代表:寺田、企画担当:福島・筒井

 (1)連絡調整会議の実施
日 程:令和元年11月25日(月) 18時半~21時
概 要:連絡会議 空き家と地域づくりについて
    空き家対策に関わる士業等の専門家や空き家対策に関心・関連のある自治会関係者・行政その他の皆さんによる会議を実施。

 (2)公開講座(イベント)の実施
日 程:令和2年1月24日(金) 14時~17時
概 要:公開講座 空き家になったら どうするの?
    先進事例講演① 滋賀県大津市日吉台学区 対策モデル地区策定後の3年 濱崎博氏
    先進事例講演② 愛知県半田市亀崎地区 まちなみの特徴を逆手にとって 石川正喜氏
    市内の手法①  塩浜地区 空き家実態調査
    市内の手法②  笹川八丁目 家族調査票
    法律家のコミュニティ支援
詳しくは、こちらのチラシをご覧ください。

 (3)本事業のまとめ
概 要:事業内容・イベント内容・ワークショップ成果物・アンケート集計
詳しくは、こちらの報告書をご覧ください。